読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽーぽーぽーうなぎの子ー

ポーの話 (新潮文庫)

ポーの話 (新潮文庫)

 読みました。
 面白かったです。
 しかし、なんとなく物足りなかったのは、前半がわりとがっちりしていたのに対し、肝心の後半がだんだん散漫に、希薄になってゆく感じがしたこと。
 それと、なんだか、「作者は答えを知っている」、という感じがしたこと。
 「世界の謎」を手に取れる形にして差し出してくれるような小説がいいと、僕は思うのですが、この小説は「作者が作った謎」であり、いしいさんはちゃんと答えを考えているくせに、それを読者に隠している(ふりをしながらしっかり説教している)、という印象を受けました。
 いや、僕がまったく間違っているのかもしれないけど。
 うーん。
 ごめん。