読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長崎の鐘

 先週の長崎旅行の事を、忘れないうちにちょこちょこと書いていこうと思います。
 長崎は初めてでした。で、行く前に何冊かの本で予習しておきました。すこしでも歴史を知っておくと旅行が面白くなりますね。
 図説 長崎歴史散歩―大航海時代にひらかれた国際都市 (ふくろうの本)カクレキリシタン オラショ−魂の通奏低音女の一生〈1部〉キクの場合 (新潮文庫)
 たとえばまあこんな本です。他にも、長崎文献社の「旅する長崎学」のシリーズはとてもよかったです。(http://www.e-bunken.com/shopbrand/014/O/

 一日目、長崎に着いて最初に行ったのは浦上天主堂です。長崎カトリックの本山であり、建物の規模でも信徒数でも日本有数の教会だそうです。

 ロマネスク風の美しい煉瓦色の教会ですが、これは鉄筋コンクリートで再建されたもの。かつての赤煉瓦の建物は、数百メートルの至近距離に投下された原子爆弾によって破壊されました。


 被爆した聖人像と、爆風で吹き飛ばされた鐘楼が保存されてました。教会にいた神父と信徒は全員亡くなられたそうです。

 浦上は江戸時代には苛烈な禁教政策に耐え続けた隠れキリシタンの郷で、幕末になって日本に来たフランス人神父が再発見した信徒はこの地の農民たちでした。しかしその歴史的発見が、明治政府による最後の大弾圧を招く事にもなります。配流された彼らの一部は僕の住む大和郡山にも預けられたとかで、なんというか不思議な縁です。
 日本でも最も深くキリスト教が根付いたこの場所が、同じキリスト教徒のアメリカの原子爆弾によって焼き尽くされたとは、なんという残酷な歴史か。
 
 その後は、長崎歴史博物館と長崎県立美術館に行きました。


 南蛮貿易キリスト教、オランダ貿易、蘭学、中国文化、開国、さらに戦争と、長崎は常に日本の外との関係によって特異な歴史を歩んできた都市です。奈良や京都とはまるで別の世界。

 そして夕食は名物トルコライス。どのへんがトルコなのか。
 でもおいしい。生きているということ。