あーゆーことになっている間は、入ってゆく気がしません。わざわざ嫌な思いはしたくないし。