読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共感


 そうか。君は今、誰にも会いたくないし、誰とも話したくないんだね?
 わかるよ、そういう気持ち。
 嘘じゃない。よくわかるんだ。僕も今ちょうどそんな気分だ。
 ほんとうさ。誰とも話したくない。
 世界中がみんな僕に余計な口出しをしようとする。なんで放っておいてくれないだ! 僕をひとりにしてくれ! って、そんな気分さ。
 ね、同じだろう?
 うん。君とは気が合いそうだな。
 僕らはね、同類なんだ。前から薄々そう感じていたけど。
 そのことについて一晩ゆっくり話さないか?
 ……君さえよければ、この上に部屋をとるからさ。
 
 と、その男はわたしに言った。
 馬鹿じゃねーの。

 ※「わたし日記」はフィクションです。僕はわたしではありません。