読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さっき気づいた


 地下通路の三菱東京UFJ銀行で12000円下ろし(自分で稼いだ金だ)、JRのホームでICカードにチャージして、カードを収めたパスケースをポケットに入れ、床に置いた鞄を持ち上げた時、ふとあらためて、少なくともある程度まともな人間として機能しているように見える自分に、ひどく驚く。

 なんだこれじゃあニンゲンのオトナみたいじゃないか。

 脳裏の鏡が映す姿は、相変わらずみすぼらしいあの生き物なのに?