読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Les vacances de Monsieur Foujita

 

藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)

藤田嗣治手しごとの家 (集英社新書ヴィジュアル版)

 レオナール・フジタ藤田嗣治)といえば、フランスで活躍した日本人(晩年はフランス国籍)画家ですよね。彼は非常に生活を楽しむ人だったみたいで、売り物でなく自分でつかうために、いろいろな道具やインテリアや服なんかを自作して愛用していたらしいんです。そんなフジタのクラフトらやら、スクラップブックやら、写真やら、画業以外のプライベートな仕事を取り上げた本です。タイルや箱なんかの作品は、僕も以前京都国立近代美術館の展覧会でいくつか見たことがあります。なんていうか、もうね、可愛いの一言につきます。
 奥さんへのプレゼントを入れるために、油彩で装飾を施した木箱を毎回作ってたりしたそうで、祖国を捨てて孤独ではあったろうけど、やはり、幸せな人だったのでしょう。表紙は、猫ですにゃー。