ほら、もう

ほら、もう夜はそこまで来ています。
もうすぐあなたの足首を掴むでしょう。
何も見えないところで、あなたをぐっすりと眠らせるでしょう。

夏が終わりますね。