ぼくの猫文学

 というわけで、ぼくも猫の出てくる文章を書いたことがあるのです。よかったら見てね。
短編小説「さようなら、ねこ人間」